和名『眼球日誌』。国際補助語エスペラント、文学、芸術、人類、政治、社会などについて
profilo
poŝtelefono
qrcode
alioj
reklamanta ligoj
<< Malpiramido | ĉefe | 体育祭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
アベする
 何やらネット上では「アベする」という造語が物議を醸しているそうだ。「アベする」とは安倍晋三前首相の名前に由来する動詞で「仕事も責任も放り投げてしまう」という意味なんだという。
 このような人名などの固有名詞の動詞化の走りはエスペラントだ。昔、エスペラント界にはカジミエシュ・バインという名の熱心な運動家・エスペラント翻訳家がいた。ペンネームは姓名の頭をとってカーベ(Kabe)と云う。複合時制の使用を避け、文芸作品のエスペラント翻訳活動を重視していた活動家だった。しかし1911年に突然、彼はエスペラント界から理由も告げずに去ってしまう。そのためエスペラント界では彼のペンネーム「カーベ」(kabe)に動詞接尾辞「-i」をつけて動詞化して「カーベする」(kabei)という動詞がつくられた。意味は「かつて熱心だった運動家が黙ってエスペラント運動を去る」という意味である。
 「アベする」という言葉をつくった人はもしかしたらエスペランティストなのかもしれない。「アベする」(abei)と「カーベする」(kabei)、なんとも似ているじゃないか。
| 国際補助語 | 11:54 | - | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:54 | - | - | このページのトップへ